ここに引っ越してからずっと「箱の大きさ」について考えていました。(もう半年たったけどさ)

荷物をもって新居に引っ越した場合、部屋のクローゼットにものが入りきらないこともあります。引っ越し前とは収納の大きさが違うからですね。

収納を増やすか、ものを減らしますね。 収納を増やすとしても、部屋の広さ以上にはものは置けません。そこに入るだけのものを持つようになります。箱の大きさは変わっているのに、その箱がちょうど埋まるくらいのものを持とうとします。

箱の大きさにあわせて、必ずしも箱の中を100%にしなくてもいいわけです。それは20%でもいいし、300%でもいい。「箱の大きさ」というのは、「活動のフィールド」や「考え方の振り幅」という言葉にも置き換えられると思います。

一度、箱の外郭を壊してみると、なにか自分にとって変化があるのは間違いないよね。

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!

    引っ越しの手続きメモ

    移転しました。今回は同じ葛飾区亀有の中での移転です。 もし移転のお知らせが届いていない方がいらっしゃいましたら、ご一報くださいませ。 なんだかんだで引っ越し5回目です。さすがに少しは慣れてきたもので…

    フリーランス10年目に入ってどうしても書き留めておきたかったこと

    フリーランスになって10年目に入りました。数ヶ月が過ぎてしまったけれど、どうしても書き留めておきたかったこと。個人ブログとはいってもパブリックな場なので、少しは内容を整理して残したつもり。もしも誰か…

    プレイヤーと監督というお話

    何で読んだか覚えていないけれど、プレイヤーと監督というお話がありました。 プレイヤーは試合に勝てる人。監督というのは、なぜその試合に勝てたかを説明できる人。そんな内容でした。 最高のプレイヤーが最高…

    父の死

    父の命日が近いので書いてみるかな。ここまで書いていいのかってくらいに書いた。ちょっとダークな内容なので閲覧注意! 父が受けた宣告 父がガンの宣告を受けた日は穏やかだった。本人はそれほどショックを受けて…

    アンビバレンスな経営者の目

    フリーランスという立場上、社長さんやオーナーさんとお話しする機会がたびたびあって、相反する2つの想いが混在する苦しみっていうのはよく聞くのです。 あび、あんばび、あんば… アンビバレンス(両面価値)…