【ネットショップ哲学】Brand on Rails

【ネットショップ哲学】Brand on Rails

ブランドの世界観 写真や文字を使ってストーリーを作り上げる。それを見た人は自分の生活に当てはめてイメージしてみる。この商品を使っている所、それを着て誰かに会っている所。この商品によってどんな…もっと読む

【ネットショップ哲学_それぞれの関係】05_商品とブランドの関係

【ネットショップ哲学_それぞれの関係】05_商品とブランドの関係

商品とブランドの関係 仏作って魂入れず。何を作るか売るかよりも、どんなブランド哲学のもとに物作りをしていくかが大事。最終的に魂を吹き込むことが何よりも大事です。 バイヤーとして物をみると、…もっと読む

【ネットショップ哲学_それぞれの関係】04_商品と販促の関係

【ネットショップ哲学_それぞれの関係】04_商品と販促の関係

商品と販促の関係 品質管理で信用を上げる、A/Bテストを行って商品開発に生かしていく、年間スケジュールを立ててストーリーのつながり具合を確認するなど。アルバムを作ってからシングルカットすると…もっと読む

【ネットショップ哲学_それぞれの関係】03_お客様と販促の関係

【ネットショップ哲学_それぞれの関係】03_お客様と販促の関係

お客様と販促の関係 これらのことは、なにもマーケティングやブランディングの話ではなく、自身のブランドに対する熱意やブランド哲学そのものからにじみ出てくるものです。どんなにフレームワークを持っ…もっと読む

【ネットショップ哲学_それぞれの関係】02_ショップとお客様の関係

【ネットショップ哲学_それぞれの関係】02_ショップとお客様の関係

ショップとお客様の関係 ネットショップでは、お客様と接する全ての箇所においてブランディングが行われます。メール対応やお知らせの言葉遣い、ニュアンスなどを正しく設定します。文章でのコミュニケー…もっと読む

【ネットショップ哲学_それぞれの関係】01_ブランドとショップの関係

【ネットショップ哲学_それぞれの関係】01_ブランドとショップの関係

ブランドとショップの関係 ブランドは有機体であり、それを扱う空間であるネットショップとは緊密な関係にあります。ネットショップは商品購入のための便利なシステムということではなく、インスタレーシ…もっと読む