Facebook広告の基本まとめです。

Facebook広告を作成するために必要なもの

Facebook広告では、Facebookページやスポット、外部サイトのURL をリンク先とした広告を作成できます。タイトル、本文、画像があれば広告を作成できますが、Facebook広告の要はターゲットの絞込みにあります。

  • タイトル:25文字まで
  • 本文:90文字まで
  • 画像:100×80px

ターゲット設定でできること

ターゲットを絞り込むことで、よりピンポイントで広告を表示することができます。

  • 地域:国や都道府県
  • ユーザー層:年齢、性別
  • 趣味・関心:ここにキーワードを入力すると、設定可能なキーワード候補がでます。それに加え、たとえば「#料理」とすることで「料理」「料理レシピ」「料理、食べ歩き」などを趣味・関心にしている人をターゲットにすることも可能。もっとザックリとカテゴリから選択することもできる。
  • Facebook上のつながり:自分が管理人になっている Facebookページに「いいね!」してくれている人だけに広告を表示したり、逆に除外することもできます。
  • 詳細ユーザー層ターゲット:恋愛対象、交際ステータス
  • 学歴と職歴:学歴や勤務先

つまり、「恵比寿に住んでいる未婚の30歳女性で料理に興味がある人」や、「今年、都内の大学を卒業する人」だけに広告を表示することができるわけです。

CPMとCPC

ターゲットを絞り込んだら次に、広告を表示する日程や予算の上限を設定します。インプレッション課金とクリック課金があります。

  • CPM(Cost Per Mille)は広告が1,000回表示されるたびに課金される金額
  • CPC(Cost Per Click)は1クリックされるたびに課金される金額

どちらが良いかは、「広告をたくさん表示したいか、実際にクリックして欲しいか」「クリックされやすい画像か」など広告内容によります。こういった広告は A/Bテストが重要になってくるので、いろいろと試してみるですね。

広告レポートでわかること

  • インプレッション数:広告が表示された数
  • ソーシャルのインプレッション数:Facebookページを「いいね!」してる人の友だちに表示された数
  • ソーシャルの割合:「インプレッション数」に対する「ソーシャルのインプレッション数」の割合
  • クリック数:広告がクリックされた数
  • CTR:広告の表示に対するクリック数の割合
  • CPC:1クリックあたりの広告費
  • CPM:1000インプレッションあたりの広告の平均コスト
  • 広告費用:現在課金されている広告費
  • ソーシャルのリーチ:「ソーシャルのインプレッション数」の中で、実際に広告をクリックした人数

最後までお読みいただきありがとうございます!よろしければフォローお願いします!

もしお役に立てる情報がありましたら、そのお気持ちを Bitcoin や PayPal で送金していただけると、とても嬉しく思います!

他にも、Amazonのほしい物リストからお選びいただくこともできます。

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!