ゼミナール マーケティング入門」を元に、要約メモしておきたいと思います。

  • 技術と用途の出会いを通じて新たな製品・サービスが生まれ、産業のライフサイクルが始まる。新たな製品・サービスを生み出す技術と用途の出会いには、さまざまな偶然が働く。
  • 「デファクト・スタンダード(業界標準)」が成立することで、産業は離陸する。業界標準の成立によって、各企業が安心して投資できるようになると同時に、多様名製品群が出揃うから。
  • 産業が離陸するにあたっては、「革新的採用者」に対応したマーケティングから、「初期採用者」に対応したマーケティングへの転換が求められる。こうした転換を進めるうえで鍵となるのが「拡張製品」の導入。
  • 産業の成長期に入ると、産業のプレーヤー(メーカー、消費者、流通業者など)の間で相互依存的な役割期待が形成される。また、企業はマーケティング・ミックスを、プッシュ戦略からプル戦略へと転換する。
  • 産業の熟成期は、事業への投資を回収する時期。成熟期のマーケティング目標は、利益を重視したものとなる。産業の衰退期を乗り越えるためには、事業の再定義が必要となる。

最後までお読みいただきありがとうございます!もしお役に立てる情報がありましたら、そのお気持ちを Bitcoin や PayPal で送金していただけると、とても嬉しく思います!
ビットコインで送金する
PayPal.MEで送金する

他にも、Amazonのほしい物リストからお選びいただくこともできます。
大森常治のほしい物リスト

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!

      【マーケティング】06_事業の定義

      「ゼミナール マーケティング入門」を元に、要約メモしておきたいと思います。 事業の定義は、狭すぎても、広すぎてもいけない。事業の定義を狭くとらえていたために、事業の機会をみすみす見逃してしまうという…

      【マーケティング】10_プロセスとしての競争

      「ゼミナール マーケティング入門」を元に、要約メモしておきたいと思います。 企業間の競争を分析するには、「プロセスとしての競争」という考え方が重要となる。「プロセスとしての競争」は、「構造としての競…

      【マーケティング】05_マーケティング資源の配分

      「ゼミナール マーケティング入門」を元に、要約メモしておきたいと思います。 事業の資源配分について考えることの重要性を明らかにした古典的な研究プロジェクトに、PIMSプロジェクトがある。このプロジェ…

      【マーケティング】14_ブランドのマネジメント

      「ゼミナール マーケティング入門」を元に、要約メモしておきたいと思います。 価値プレミアム効果やロイヤルティー効果といったブランドの効果は、ブランドそのものに内在しているわけではない。ブランドそのも…

      【マーケティング】12_チャネル資産のマネジメント

      「ゼミナール マーケティング入門」を元に、要約メモしておきたいと思います。 消費財を扱うメーカーにとって大きな課題となるのが、流通チャネル、すなわち工場で生産された製品が消費者の手元にまで至る経路を…