「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉」を元に、要約メモしておきたいと思います。

ビジネスと会計では世界が180度違う

  • 会計は科学=どんな環境でも同じ結果
  • ビジネスは非科学=環境が異なれば、結果も異なる
    →「会計がわかればビジネスもわかる」は根本的に間違い

会計的な視点が必要な理由

  • 会計的な視点(金額重視主義)
    →ふだんの生活では身につかない考え方
    →新たな視点、先入観や常識を一度壊してくれる
    →感情に流されない合理的判断
  • 人は金額とは異なる基準をもとに幸・不幸を感じる
    →自分の感覚的な基準で判断
    代表例:前年との比較、お得感
    →勘定を優先することと、幸せかどうかは別問題
    →会計的な視点を一度取り入れたのち、「感情」か「勘定」かを選べばいい

会計は世界の1/2しか語れない

  • あらゆる経済活動は、会計と非会計のバランスをとりながら動いている
  • 会計の発想から生まれるもの
    →どんなに優れていても、「会計側の世界」しか語れない

上下巻のタイトルの意味

  • ビジネスでも生活でも、大事なのは複数の視点を常に持つこと
  • 「食い逃げされてもバイトは雇うな」→単一の視点こそ大間違い

最後までお読みいただきありがとうございます!よろしければフォローお願いします!

もしお役に立てる情報がありましたら、そのお気持ちを Bitcoin や PayPal で送金していただけると、とても嬉しく思います!

他にも、Amazonのほしい物リストからお選びいただくこともできます。

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!