「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉」を元に、要約メモしておきたいと思います。

ビジネスは二者択一ではない

  • 会計的に正しい判断→ビジネス的に正しいとはかぎらない
  • 二分法=「単純な結論」「平凡な発想」を生む土壌
    →「会計」と「非会計」という、相反する両者を一気に解決する方法(=妙手)を考えることこそ経営者の仕事
    →優秀な経営者は、即断で「食い逃げされてもバイトは雇うな」とは言わない
    →その発言自体、会計・数字にとらわれている証拠

「妙手」を打て

  • うまくいっている経営の裏には、妙手が存在
    • 自店で挟み込んで、ライバル店を撃退
    • 3倍の人件費をかけた「三位一体営業」
    • 限定販売
    • 座り読み大歓迎の本屋さん
    • ドミナント戦略
    • 現場への権限委譲
    • 均一価格販売
    • プレゼントキャンペーン
      →会計と非会計の両方の要素をあわせ持つ
  • 利害が対立したときにこそ、妙手は役立つ
    代表例:フォードの「日当5ドル」
  • 妙手を考えるためには?
    1. 二分法を捨てる
    2. 視点を大きく変えてみる
    3. ギリギリまで考える

最後までお読みいただきありがとうございます!よろしければフォローお願いします!

もしお役に立てる情報がありましたら、そのお気持ちを Bitcoin や PayPal で送金していただけると、とても嬉しく思います!

他にも、Amazonのほしい物リストからお選びいただくこともできます。

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!