コンサルの方との打ち合わせ中に、良いお話を聞かせていただきました。これまでのプロセスを決して無駄にしないようにメモ。

仕事をするとか貯金をするとか、Webサイトを作るとか料理を作るとか。それらは全て手段であって目的ではないということです。

その先にある目的をしっかり見れていないと、経過である手段を楽しめないし、もっと他のやり方があったかも知れないのにその手段に縛られてしまって、自ら目的を達成しづらくしてしまっている場合もあります。

例えば仕事をすることが目的になっていると、仕事がヒマだと不安になったりします。きっと自由な時間が楽しくないはず。
例えば貯金をすることが目的になっていると、貯金をするために働いていることになります。きっと仕事は楽しくないはず。

と言われてみれば当たり前の話ですが、毎日のルーチンワークの中ではミニマムなところに目が行きがちですよね。
手段目的だと勘違いしていると、たぶん多くの人は楽しくないと思います。

例えば学校を作るのは手段で、目的は子供たちの教育であり、その先にあるのはその土地の文化の発展だったり子供たちの笑顔だったりするのだと思います。

それは目的手段か、様々な出来事に当てはめて考えてみると、色んな気付きがあります!

「あなたの夢は何?」と聞かれて、「出世すること!」とか「今の会社を大きくすること!」と答えていては、完全に夢を見失ってしまっているということになるのだと思うのです。

最後までお読みいただきありがとうございます!よろしければフォローお願いします!

もしお役に立てる情報がありましたら、そのお気持ちを Bitcoin や PayPal で送金していただけると、とても嬉しく思います!

他にも、Amazonのほしい物リストからお選びいただくこともできます。

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!

      「金持ちと結婚する女」に添えて

      僕がフリーランスになってから営業なり新規打ち合わせに行った件数を少なく見積もっても平均して月2件くらい。月2回×12ヵ月×8年=192回。 営業の人なら本気出せば1ヶ月で越えるような件数かもしれない…

      うちのおかん64回目のHappy Birthday!(まだだけど)

      母はもうすぐ64歳の誕生日を迎える。先日、25年間勤め上げた会社を辞めた。 僕が富山から東京に出てきて10年以上経つ。その間に父が亡くなり、母のひとり暮らしが始まった。僕のフリーランス継続年数がその…

      アンビバレンスな経営者の目

      フリーランスという立場上、社長さんやオーナーさんとお話しする機会がたびたびあって、相反する2つの想いが混在する苦しみっていうのはよく聞くのです。 あび、あんばび、あんば… アンビバレンス(両面価値)…

      プレイヤーと監督というお話

      何で読んだか覚えていないけれど、プレイヤーと監督というお話がありました。 プレイヤーは試合に勝てる人。監督というのは、なぜその試合に勝てたかを説明できる人。そんな内容でした。 最高のプレイヤーが最高…

      父の死

      父の命日が近いので書いてみるかな。ここまで書いていいのかってくらいに書いた。ちょっとダークな内容なので閲覧注意! 父が受けた宣告 父がガンの宣告を受けた日は穏やかだった。本人はそれほどショックを受けて…