個人事業主が屋号に「○○&Co.」「○○商会」「○○商社」「○○カンパニー」などを使用してはいけないのですが、ブランド名の場合はどうなのでしょうか。「○○と、その仲間たち」という意味の「○○&Co.」ですが、これをブランド名として使用しても良いか、ということを弁護士さんに相談する機会があったのでメモです。

会社法第7条に「会社でない者は、その名称又は商号中に、会社であると認識されるおそれのある文字を用いてはならない」とあり、その解釈問題となるようです。

例えばある商人が、ひとつのブランドのみを運営しているが、そのブランド名があたかもその商人の名称のように世間的に受け取られているような場合、会社法第7条は関係ないと言い切れるかどうかということです。商号(名称)とブランド名が一体化するようなこともあり得るので、ブランド名だから大丈夫とは言い切れません。

「○○&Co.」「○○商会」「○○商社」「○○カンパニー」に関しても様々な見解があるようです。世間にあえて誤解を与えるような(会社ではないのに会社と思わせる)営業を行っているかどうかなども合わせて検討されるべきとのことでした。

ちなみに、会社名の英語表記などでよく使われている「Co., Ltd.」というのも実は間違っているっぽいですね…
»日向清人のビジネス英語雑記帳:スペースアルク

最後までお読みいただきありがとうございます!よろしければフォローお願いします!

もしお役に立てる情報がありましたら、そのお気持ちを Bitcoin や PayPal で送金していただけると、とても嬉しく思います!

他にも、Amazonのほしい物リストからお選びいただくこともできます。

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!

      フリーランス10年目に入ってどうしても書き留めておきたかったこと

      フリーランスになって10年目に入りました。数ヶ月が過ぎてしまったけれど、どうしても書き留めておきたかったこと。個人ブログとはいってもパブリックな場なので、少しは内容を整理して残したつもり。もしも誰か…

      笑いの作り方 基礎セミナー

      きっとどんな分野にもフレームワークというものが存在するのでしょうね。例えばデザインの分野で言うと、毎度何か素晴らしいデザインを思い付くのではなくて、伝えたい情報の優先度を整理していけばある程度のレイ…

      小人論――暴走する片思いのメカニズム「白雪姫と七人の小人たちの法則」

      いろいろと心当たりはあるし、愛すべき切ない登場人物のお話がぐっとくるので勢いで引用してしまいました。反省はしていません。たぶん飲み会とかで話すとうけるはずです。 ――以下引用 小人論――暴走する片思…

      美しく新しい働き方を模索していきたい

      仕事は人生の大部分 仕事というのは人生の大部分の時間を占めるものです。僕は自分の業界の特殊な商習慣を見てきました。それらがこの先5年後10年後も正常に機能するとは思えないので、新しい流れのもとに何か…

      プレイヤーと監督というお話

      何で読んだか覚えていないけれど、プレイヤーと監督というお話がありました。 プレイヤーは試合に勝てる人。監督というのは、なぜその試合に勝てたかを説明できる人。そんな内容でした。 最高のプレイヤーが最高…