アパレル業界の動向とカラクリがよーくわかる本」を元に要約メモしておきたいと思います。

街を見ると次が読める

  • 代官山
    若いパパとママに向けたファミリータウンに変わった。
  • 銀座・有楽町・丸の内
    世界中で最も最新のブランドが集まる街。ビジネスマン、キャリアOLを対象に感度のよい店が集結。
  • 渋谷
    大学生〜新社会人までの衣食住が充実。公園通りを中心に渋谷の大人化計画進行中。
  • 原宿
    中学生〜高校生を集客する裏原と、20〜30代をターゲットにする表参道通り、40代以上をターゲットにする青山に囲まれた、ミックスジェネレーションの街。
  • 中目黒
    こだわりを持った若者〜大人に向けた、口コミで人気の衣食住、特に住関連が充実。
  • 新宿
    あらゆる国のあらゆる年齢層に対応するエリアを持つ日本最大の商圏人口を持つ街。
  • 白金
    30〜40代のミセス層のライフスタイルに注目。
  • 二子玉川
    東京のラグジュアリー層が最も集まる。

コラボレーションが変えるビジネス

異業種とのコラボレーションが一般化してきた。大きな消費トレンドは「モノからコトへ」という変化。

百貨店の個別対応戦略

カード顧客の分析をして、個別に対応(CRM戦略)できるようになってきた。

インディーズブランド育成の動き

流行というものとは少し異なる、大人のファッションブランドを提案するドメスティックブランドが育ち始めている。Scye、MIHARAYASUHIRO、SLOWGUN、ジョン・ローレンス・サリバン、N.HOLLYWOOD、soe、JULIUS など。

セレクトショップの新しい動き

自社の価値観に共鳴・共感してくれるお客様だけに衣食住のすべてをトータルで提案する、コンセプトショップなど。お客様は、自分の感覚にぴったり合ったスタイルをトータルで提案してくれる店で買いたいと思っている。

最後までお読みいただきありがとうございます!よろしければフォローお願いします!

もしお役に立てる情報がありましたら、そのお気持ちを Bitcoin や PayPal で送金していただけると、とても嬉しく思います!

他にも、Amazonのほしい物リストからお選びいただくこともできます。

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!

      【アパレル業界】01_アパレル業界の新常識

      「アパレル業界の動向とカラクリがよーくわかる本」を元に要約メモしておきたいと思います。 アパレル業界の市場規模 アパレル製造業は1兆3千億円、アパレル卸市場は11兆4千億円、アパレル小売市場は12兆…

      【アパレル業界】03_アパレル業界の仕組みと仕事

      「アパレル業界の動向とカラクリがよーくわかる本」を元に要約メモしておきたいと思います。 モノと情報の流れ 様々な企業を通して製品から商品へと変化していく商流、マーケティングなどの情流。この2つは欠か…

      【アパレル業界】06_アパレル業界の問題点

      「アパレル業界の動向とカラクリがよーくわかる本」を元に要約メモしておきたいと思います。 時代に逆行する商慣行 契約書を交わす取引は売買契約で約3割、委託契約で約5割程度。返品、値引、その他の対応は「…

      【アパレル業界】04_アパレル業界の流通構造

      「アパレル業界の動向とカラクリがよーくわかる本」を元に要約メモしておきたいと思います。 セレクトショップの未来 セレクト御三家と呼ばれているビームス、シップス、ユナイテッドアローズは、もともとピュア…

      【アパレル業界】09_アパレル業界の将来像

      「アパレル業界の動向とカラクリがよーくわかる本」を元に要約メモしておきたいと思います。 コンセプトだけを売る時代 極論すれば、企業はモノを売る必要はない。自社の考え方だけをお客様に買っていただくよう…