独習PHP」を元に、要約メモしておきたいと思います。

if命令

if命令はもしも〜だったら…さもなければ…という構文を作成する。

<?php
$x=10;
if ($x==10) {
 print ('変数$xは10です。')
} else {
 print ('変数$xは10ではありません。')
}
?>

変数$xは10です。

指定された条件式がTRUEの場合に条件式直後のブロックを、FALSEの場合にelse直後のブロックをそれぞれ実行する。

また、elsifブロックを使用することで、複数の分岐を表現することも可能。

<?php
$x=15;
if ($x>20) {
 print ('変数$xは20より大きいです。');
} elsif ($x>10) {
 print ('変数$xは10より大きく、20以下です。');
} else {
 print ('変数$xは10以下です。');
}
?>

変数$xは10より大きく、20以下です。

条件1を満たし、かつ条件2がTRUEであるかどうかによって処理を分岐させる場合にはif命令をネスト構造にする。

<?php
$x=1;
$y=0;
if ($x==1) {
 if ($y==1) {
  print ('変数$x、$yは1です。');
 } else {
  print ('変数$xは1です。$yは1ではありません。');
 }
} else {
 print ('変数$xは1ではありません。');
}
?>

変数$xは1です。$yは1ではありません。

switch命令

if命令ではせいぜい3分岐(できれば2分岐)程度の単純分岐にとどめ、多岐分岐を表現する場合にはswitch命令を使用する。

<?php
$rank='甲';
switch ($rank) {
 case '甲' :
  print ('大変良いです。');
  break;
 case '乙' :
  print ('良いです。');
  break;
 case '丙' :
  print ('もう少しがんばりましょう。');
  break;
 default :
  print ('???');
  break;
}
?>

大変良いです。

それぞれのcaseブロックには複数の命令を指定できるが、必ず最後にbreak命令でswitchブロック全体を明示的に脱出しなければならない。defaultブロックは、caseブロックに合致するものが無かった場合に実行されるブロック。defaultブロックの記述は任意だが、意図しない値が入力(指定)された場合の処理を曖昧にしないためにも、きちんと明示しておく。

最後までお読みいただきありがとうございます!よろしければフォローお願いします!

もしお役に立てる情報がありましたら、そのお気持ちを Bitcoin や PayPal で送金していただけると、とても嬉しく思います!

他にも、Amazonのほしい物リストからお選びいただくこともできます。

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!

      【独習PHP】07_繰り返し処理

      「独習PHP」を元に、要約メモしておきたいと思います。 for命令 あらかじめ指定された回数だけ繰り返し処理を行うための命令。 <?php for ($i=1; $i<6; $i++) …

      【独習PHP】02_配列

      「独習PHP」を元に、要約メモしておきたいと思います。 配列 仕切りのある入れ物のこと。ひとつの変数に対してひとつの値を持つものをスカラー変数といい、配列のように複数の値を持つことができる入れ物のこ…

      【独習PHP】05_演算子

      「独習PHP」を元に、要約メモしておきたいと思います。 代数演算子 演算子 概要 例 + ふたつの数値の和 $x + $y - ふたつの数値の差 $x - $y * ふたつの数値の積 $x * $y…

      【独習PHP】08_関数

      「独習PHP」を元に、要約メモしておきたいと思います。 関数とは、与えられた入力に基づいてなにかしらの結果を返す命令のことを言う。この入力のことを引数、出力のことを戻り値と呼ぶ。関数の基本的な構文は…

      【独習PHP】04_定数

      「独習PHP」を元に、要約メモしておきたいと思います。 変数は、その中身をプログラムの途中で変更/編集することが可能だが、定数は入れ物と中身がセットになっていて、途中で中身を変更できない入れ物。プロ…