独習PHP」を元に、要約メモしておきたいと思います。

変数は、その中身をプログラムの途中で変更/編集することが可能だが、定数は入れ物と中身がセットになっていて、途中で中身を変更できない入れ物。プログラム上、意味を持つ値にあらかじめ名前を付けておくしくみ。

 

<?php
define ('TAX', 1.05);
$price=1000;
$sum=$price*TAX;
print($sum);
?>

1050

defineは定数を設定するための命令で、ここでは定数TAXを1.05という値で設定している。あとからTAXの値を変更する場合にも便利。また、1.05という数値だけだと何の数値なのか分からない(マジックナンバー)ので、定数で名前付けしておけばデータの意味が視覚的にも明確になる。

定数の命令規則

  • 定数名の先頭には$使わない(×:$DATA、○:DATA)
  • 定数名の先頭は英字かアンダースコアであること(×:9A、○:A9)
  • 定数名の2文字目以降は、英数字、アンダースコアのいずれかであること(×:A9+、○:NAME)
  • 変数名の大文字/小文字は区別されない

変数と区別するために定数は大文字にするのが通例。

定義済みの定数

定数 概要
__FILE__ 実行中のファイル名
__LINE__ 実行中の行番号
__FUNCTION__ 実行中の関数名
__CLASS__ 実行中のクラス名
__METHOD__ 実行中のメソッド名
DIRECTORY_SEPARATOR ファイル区切り文字(Winは¥、Linuxは/)
RATH_SEPARATOR パス区切り文字(Winは;、Linuxは:)
PHP_VERSION 使用しているPHPのバージョン
NULL 未定義
TRUE
FALSE

DIRECTORY_SEPARATOR や RATH_SEPARATOR など、環境に依存する情報をハードコーディングする代わりに定数で記述しておくと、サーバ環境を移動した場合にもコードを変更する必要がない。

エスケープシーケンス

キーボードから直接表現できない特殊文字。シングルクォーテーションの中では記述されたものがそのまま解釈されるので、必ずダブルクォーテーションで囲まれていなければならない。

文字 概要
¥r 復帰
¥n 改行
¥t タブ
¥$ ドル記号
¥¥ 円記号/バックスラッシュ
¥" ダブルクォーテーション

最後までお読みいただきありがとうございます!よろしければフォローお願いします!

もしお役に立てる情報がありましたら、そのお気持ちを Bitcoin や PayPal で送金していただけると、とても嬉しく思います!

他にも、Amazonのほしい物リストからお選びいただくこともできます。

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!

      【独習PHP】01_変数

      詳しい説明はあとあと! 決まりごとという型を作ってしまうと、自分で自分のクビを絞めることになる場合も。 例えば「仕事を始める前には必ずストレッチをやろう」という型を作ると、当然それを守れない時がでて…

      【独習PHP】08_関数

      「独習PHP」を元に、要約メモしておきたいと思います。 関数とは、与えられた入力に基づいてなにかしらの結果を返す命令のことを言う。この入力のことを引数、出力のことを戻り値と呼ぶ。関数の基本的な構文は…

      【独習PHP】03_スーパーグローバル変数

      「独習PHP」を元に、要約メモしておきたいと思います。 $_POST POST形式のHTMLフォーム( タグのmethodオプションが"POST")から入力された情報(ポストデータ)を取得するための…

      【独習PHP】06_条件分岐

      「独習PHP」を元に、要約メモしておきたいと思います。 if命令 if命令はもしも〜だったら...さもなければ...という構文を作成する。 <?php $x=10; if ($x==10) {…

      【独習PHP】07_繰り返し処理

      「独習PHP」を元に、要約メモしておきたいと思います。 for命令 あらかじめ指定された回数だけ繰り返し処理を行うための命令。 <?php for ($i=1; $i<6; $i++) …