独習PHP」を元に、要約メモしておきたいと思います。

$_POST

POST形式のHTMLフォーム(

タグのmethodオプションが”POST”)から入力された情報(ポストデータ)を取得するためのスーパーグローバル変数。

<form method="POST" action="POST2.php">
名前:
  <input type="text" name="name" size="15" />
  <input type="checkbox" name="food[]" value="orange" />
  みかん
  <input type="checkbox" name="food[]" value="apple" />
  りんご
  <input type="checkbox" name="food[]" value="strawberry" />
  いちご
  <input type="submit" value="送信" />
</form>

名前: みかん りんご いちご

上記のようなHTMLフォームから入力された値を取得する場合は、

post2.php

名前:<?php print($_POST['name']); ?>
好きな食べ物:<?php print_r($_POST['food']); ?>

名前:山田 好きな食べ物:Array ( [0]=>orange [1]=>apple [2]=>strawberry )

$_POSTの中身は連想配列になっているので、個々の要素値にアクセスするには$_POST[‘要素名’]のようにする。チェックボックスやリストボックスのように同名の要素が複数の値を持つ場合には、要素を名前[]のように指定する。print_r命令ではなく、個々の値にアクセスする場合は、

$_POST['food'][0]

とする。

$_GET

クエリ情報を取得するためのスーパーグローバル変数。クエリ情報とは、URLの末尾以降(?〜)に付加されたキー名=値のセットのことをいう。キー名=値のセットを&で連結して、複数の情報を送信することも可能。

get.php

名前:<?php print($_GET['name']); ?>
性別:<?php print($_GET['sex']); ?>

上記のget.phpに対して、

http://localhost/~user/get.php?name=Ohmori&sex=male

でアクセスすると

名前:Ohmori 性別:male

と表示される。

クエリ情報の制約

  • 送信可能なデータサイズに制限がある ポストデータには原則としてサイズ制限がないのに対して、クエリ情報のデータサイズはWebサーバが受け取ることができるURLの長さに制約される。一般的には最大でも数百バイト程度。
  • 予約文字やマルチバイト文字は使用できない ポストデータでは原則としてあらゆる文字データを扱うことが可能だが、クエリ情報ではファイル名との区切り文字である?をはじめ、&%、空白、マルチバイト文字(日本語)などは使用できない。これらがクエリ情報に含まれている可能性がある場合には、あらかじめ無害な文字列(%xxの形式)に変換する必要がある。urlencodeという命令でこうした変換処理(URLエンコード)を行うことができる。
  • データが露出する ポストデータはリクエスト情報の本体として送信されるので問題ないが、クエリ情報はその性質上、ブラウザのアドレス欄にそのまま露出してしまうし、サーバのログに記録させる場合がある。ログインパスワードのような情報をクエリ情報を介してやりとりするのは好ましくない。

$_FILES

アップロードしたファイルに関する情報を取得するためのスーパーグローバル変数。ファイルのアップロード機能を作成することができる。

file1.php

<form method="POST" action="file2.php" enctype="multipart/form-data">
ファイルのパス:
<input type="file" name="uploaded" size="50" />
<input type="submit" value="アップロード" />
</form>

ファイルのパス:

file2.php

<?php
move_uploaded_file($_FILES['uploaded'['tmp_name'], './doc/'.$_FILES['uploaded']['name']);
print ('アップロードに成功しました');
?>

ファイルをアップロードするには、

タグのenctypeオプションに必ず“multipart/form-data” をセットする必要がある。‘./doc/’$_FILES[‘uploaded’][‘name’]とをつなぐ「.」は、文字列連結演算子と呼ばれ、2つの文字列を連結する際に利用する。 PHPでクライアントから受け取ったファイルを移動するには、move_uploaded_file命令を使用する。その一般的な構文は以下。

move_uploaded_file(対象となるファイルのパス, 移動先のパス)

対象となるファイルのパスは、スーパーグローバル変数を介して取得することができる。$_FILESは、$_POSTや$_GETとは異なり、2次元配列として与えられ、以下の表のような情報を保持している。‘file’は、HTMLフォームで指定された要素名。

要素名 概要
$_FILES[‘file’][‘name’] オリジナルのファイル名
$_FILES[‘file’][‘tmp_name’] サーバ上で管理された一時的なファイル名
$_FILES[‘file’][‘size’] アップロードファイルのサイズ(バイト)
$_FILES[‘file’][‘type’] アップロードファイルのMIMEタイプ(ファイルの種類)
$_FILES[‘file’][‘error’] エラーコード

アップロードがうまくいかない場合の原因を知るためには、$_FILES[‘file’][‘error’]を介してエラーコードを取得する。$_FILESによって返されるエラーコードは以下。

定数 概要
UPLOADED_ERR_OK 0 アップロード成功
UPLOADED_ERR_INI_SIZE 1 アップロードファイルのサイズがupload_max_filesizeパラメータ(php.ini)の指定値を超過
UPLOADED_ERR_FILE_SIZE 2 アップロードファイルのサイズがHTMLフォームのhiddenフィールド”MAX_FiLE_SIZE”で指定された値を超過
UPLOADED_ERR_PARTIAL 3 アップロードファイルの一部しかアップロードされていない
UPLOADED_ERR_NO_FILE 4 アップロード失敗

UPLOAD_ERR_INI_SIZE、UPLOAD_ERR_NO_FILEが返された場合には、php.iniの以下のパラメータを見直す。

パラメータ 概要
upload_max_filesize アップロードのサイズ制限
memory_limit スクリプトが使用可能なメモリサイズ
post_max_size ポストデータのサイズ制限
max_execution_time スクリプトのタイムアウト時間(秒)

アップロードサイズの制限に引っかかっていなくてもポストデータのサイズ制限に引っかかっている場合もある。また、異動先のディレクトリに書き込み権限がない場合もエラーになるので、パーミッションを確認する。 UPLOAD_ERR_FILE_SIZEが返された場合には、HTMLフォーム内に以下の記述がないかを確認し、値を編集する。

<input type="hidden" name="MAX_FILE_SIZE" value="30000" />

$_SERVER

クライアントの種類や対応言語、サーバから送信されたコンテンツの種類やデータサイズなどの情報が、クライアント/サーバそれぞれで内部的に生成され、リクエスト/レスポンス時に送信されている。このような付随情報はヘッダ情報と呼ばれ、クライアント側から送信されるものはリクエストヘッダ、サーバ側から送信されるものはレスポンスヘッダと呼ばれる。スーパーグローバル変数$_SERVERで取得できるのは、このうちのリクエストヘッダ

主なリクエストヘッダ

ヘッダ名 概要
HTTP_ACCEPT クライアントがサポートしているコンテンツの種類(優先順位)
HTTP_ACCEPT_LANGUAGE クライアントが対応している言語(優先順位)
HTTP_AUTHORIZATION 認証情報
HTTP_COKKIE クライアントに保存されているクッキーデータを送信
HTTP_HOST 要求先のホスト名
HTTP_IF_MODIFIED_SINCE 指定された日時以降にコンテンツが更新されている場合にのみ、サーバからデータを受信
HTTP_PROXY_AUTHORIZATION プロキシサーバ用の認証情報
HTTP_RANGE 要求するリソースの範囲
HTTP_REFERER リンク先のURI
HTTP_USER_AGENT クライアントの種類

たとえば、User-Agentヘッダを取得する場合は次のようになる

<?php
print ($_SERVER['HTTP_USER_AGENT']);
?>

Webサーバであらかじめ定義された定義済みサーバ変数を取得することも可能。Apacheを利用している場合は、次のような情報を取得することができる。

変数名 概要 戻り値(例)
DOCUMENT_ROOT ドキュメントルート C:/Program Files/htdocs
GATEWAY_INTERFACE

CGIのリビジョン

CGI/1.1
PHP_SELF 実行中のスクリプト /samples/server.php
QUERY_STRING クエリ文字列 category=PHP
REMOTE_ADDR クライアントのIPアドレス 127.0.0.1
REMOTE_PORT クライアントのポート番号 2856
REQUEST_METHOD HTTPメソッド POST
REQUEST_URI 指定されたURI /samples/server.php?category=PHP
SCRIPT_FIMENAME 実行中のスクリプト C:/Program Files/htdocs/samples/server.php
SCRIPT_NAME 実行中のスクリプト /samples/server.php
SERVER_NAME サーバ名 localhost
SERVER_PORT サーバのポート 80
SERVER_PROTOCOL プロトコル名、リビジョン HTTP/1.0
SERVER_SIGNATURE サーバのバージョン Apache/2.0.55(Win32)PHP/5.1.1 Server at localhost Port 80
SERVER_SOFTWARE サーバのソフトウェア Apache/2.0.55(Win32)PHP/5.1.1

$_ENV

サーバ側で設定された環境変数を取得するためのスーパーグローバル変数。環境変数とはサーバ固有のパラメータを表すもので、プログラム実行時に参照するパスやオプション値などを設定する。たとえば環境変数PATHはコマンドラインなどでプログラムを読み出す場合にデフォルトで検索するディレクトリを指定する。

$_ENVを利用したサーバ環境変数の取得例

env.php

<?php
print ($_ENV['Path']);
?>

C:¥WINDOWS¥system32;…

$_COOKIE

クライアントに保存されているクッキーの値を取得するためのスーパーグローバル変数。セキュリティ的な理由から、一般的にはサーバはクライアント上のファイルを勝手に読み書きできないが、クッキーだけは例外で、自由にテキストを読み書きすることができる。

cookie1.php

<form method="POST" action="cookie2.php">
E-Mailアドレス:
  <input type="text" name="email" size="30" value="<?php print ($_COOKIE['email']); ?>" />
  <input type="submit" value="送信" />
</form>

cookie2.php

<?php
setcookie ('email',$_POST['email'], time()+60*60*24*90);
print ('クッキー"email"を保存しました');
?>

cookie1.phpにアクセスしてE-Mailアドレスを入力すると「クッキー”email”を保存しました」が表示される。もう一度cookie1.phpにアクセスすると、初回アクセスで入力したE-Mailアドレスがデフォルト表示されている。

setcookie命令の一般的な構文は次のとおり

setcookie(クッキー名, 値 [,有効期限 [,対象のホスト [,対象のパス]]])

対象ホスト/パスを設定した場合には、該当のクッキーをどのホスト/パスから参照可能にするかを限定できる。デフォルトでは、現在のホスト配下のすべてのパスから読み込むことが可能。有効期限はタイムスタンプ値として指定する。タイムスタンプとは「1970年1月1日からの経過秒」を表す値。上記の例では、取得したタイムスタンプに「60秒×60秒×24時間×90日」の値を加算することで、クッキーの有効期限を90日に設定した。90日を経過したクッキーは自動的に破棄されるようになる。クッキーの有効期限を省略した場合には、ブラウザを閉じたタイミングで破棄され、有効期限を現在よりも前に設定した場合は、その場で破棄される。

$_SESSION

前項のクッキーにはいくつかの問題点がある。

  • データがクライアント側で保存される クッキーで管理されたデータはクライアント側で自由に削除したり改ざんしたりすることが可能。そのため、クッキー情報をもとにアプリケーション全体の挙動を左右するような判定を行うのは危険。
  • 実データがネットワーク上を流れる 通信経路上にリクエスト情報をロギングするような通信機器やソフトウェアがある場合には、クッキー情報が漏洩してしまう可能性がある。

そこで、ユーザがブラウザを開いている間だけ情報を維持したいという場合には、よりセキュアなセッションというしくみを利用する。

  1. 【クライアント】1回目のリクエスト→【サーバ】
  2. 【クライアント】←セッションIDの発行【サーバ】
  3. 【クライアント】2回目以降の要求→【サーバ】
  4. 【サーバ】セッションIDをキーにセッション情報を取得
  5. 【クライアント】←セッション情報を送信【サーバ】

クッキーと異なる点は以下

  • データがサーバ側で保存される
  • ネットワーク上を流れるのはセッションIDだけ

したがって、データがクライアント側で改ざん/削除される可能性が原則としてないし、実データがネットワーク上を行き来しないので、データを盗聴される危険性も相対的に低下する。

session1.php

<?php
session_start();
$_SESSION['sample']='セッション情報(テスト)';
print ('セッション情報"sample"が保存されました。');
?>

session2.php

<?php
session_start();
print ('セッション情報"sample"の値は「'$_SESSION['sample'].'」です。');
?>

最初にsession1.phpにアクセスした後、session2.phpにアクセスすると、sesion1.phpで登録したセッション情報がsession2.phpで参照される。

セッション情報”sample”の値は「セッション情報(テスト)」です。

もしページ毎にsession_start命令を実行するのが面倒な場合は、php.iniでsession.auto_startをOnにすることで省略することも可能。ただし、セッションを利用しないページでもセッションが有効になってしまう点に注意する。必要なページだけでセッションを有効にすれば、サーバリソースをいくらか節約することができる。

最後までお読みいただきありがとうございます!よろしければフォローお願いします!

もしお役に立てる情報がありましたら、そのお気持ちを Bitcoin や PayPal で送金していただけると、とても嬉しく思います!

他にも、Amazonのほしい物リストからお選びいただくこともできます。

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!

      【独習PHP】01_変数

      詳しい説明はあとあと! 決まりごとという型を作ってしまうと、自分で自分のクビを絞めることになる場合も。 例えば「仕事を始める前には必ずストレッチをやろう」という型を作ると、当然それを守れない時がでて…

      【独習PHP】04_定数

      「独習PHP」を元に、要約メモしておきたいと思います。 変数は、その中身をプログラムの途中で変更/編集することが可能だが、定数は入れ物と中身がセットになっていて、途中で中身を変更できない入れ物。プロ…

      【独習PHP】08_関数

      「独習PHP」を元に、要約メモしておきたいと思います。 関数とは、与えられた入力に基づいてなにかしらの結果を返す命令のことを言う。この入力のことを引数、出力のことを戻り値と呼ぶ。関数の基本的な構文は…

      【独習PHP】05_演算子

      「独習PHP」を元に、要約メモしておきたいと思います。 代数演算子 演算子 概要 例 + ふたつの数値の和 $x + $y - ふたつの数値の差 $x - $y * ふたつの数値の積 $x * $y…

      【独習PHP】02_配列

      「独習PHP」を元に、要約メモしておきたいと思います。 配列 仕切りのある入れ物のこと。ひとつの変数に対してひとつの値を持つものをスカラー変数といい、配列のように複数の値を持つことができる入れ物のこ…