ここまでで、WordPressで構築されたWebサイトを常時SSL化し、WooCommerce対応させました。

次に、WebサイトにApple Payでの決済を組み込んでいきます。まずはテストモードで動かせるようにStripeの設定を進めていきます。

WordPressにプラグインをインストール

  1. WooCommerceにStripeの決済を組み込むためのプラグイン「WooCommerce Stripe Payment Gateway」をインストールします。
  2. Apple Payのドメイン認証を行うためのファイルを追加するプラグイン「Verify domain for Apple Pay with Stripe」をインストールします。

これらはWooCommerceの初期設定時にすでにインストールされているかもです。

Stripeの設定

Stripeは、Webサイトにさまざまな決済方法を導入できるサービスで、Apple Payにも対応しています。

「アカウント登録」からアカウントを作成します。
Stripe

ログインするとこんな画面。

メールアドレス確認のためのメールが届くので、リンクをクリックします。

「Activate Your Account」から情報を入力して、アカウントをアクティベートします。

承認されました。

「Payments」の「Apple Pay」タブから「View Apple’s Terms of Services」をクリックしてAcceptへと進みます。

「+Add new domain」から、Apple Payを利用するドメインを追加します。

「API」からAPIキーを取得します。テスト用の秘密鍵(Test Secret Key)と公開鍵(Test Publish Key)をコピーしておきます。

WordPress管理画面の「WooCommerce > 設定」から「Apple Pay Button Language」を「ja」に変更し、秘密鍵と公開鍵を入力します。

テストモードの設定は完了です。ライブ(本番)モードに向けて、次はApple Developer Programの登録を行っていきます。

最後までお読みいただきありがとうございます!よろしければフォローお願いします!

note
Facebook
Twitter
Instagram
YouTube

もしお役に立てる情報がありましたら、そのお気持ちを Bitcoin や PayPal で送金していただけると、とても嬉しく思います!

ビットコインで送金する
PayPal.MEで送金する

他にも、Amazonのほしい物リストからお選びいただくこともできます。
大森常治のほしい物リスト

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!