WordPressにショッピングカート機能などを追加するプラグイン「WooCommerce」の基本設定です。

WooCommerce用のテンプレートを追加する

WordPressテーマの固定ページのデータ「page.php」を複製して、「woocommerce.php」にリネームします。

そして「woocommerce.php」を開き、

<?php while (have_posts()) : the_post(); ?>
<?php endwhile; ?>

を削除します。その他、固定ページ用にwhileやif文で条件分岐している箇所は削除します。

次に、コンテンツを表示している箇所

<?php the_content(); ?>

を以下に変更します。

<?php woocommerce_content(); ?>

そしてテーマディレクトリに「woocommerce.php」をアップすると、商品ページが表示されるようになります。

公式ページの情報はこちら
Third party / custom / non-WC theme compatibility – WooCommerce Docs

WooCommerce Support を宣言する

「functions.php」に以下を追加します。

add_action( 'after_setup_theme', 'woocommerce_support' );
function woocommerce_support() {
	add_theme_support( 'woocommerce' );
}

これで「このテーマはWooCommerceに対応しています」という宣言が完了しました。WordPress管理画面のアテンションは消えます。

WooCommerceのデフォルトCSSの読み込みを停止する

ここでは1からCSSを書いていきたいので、WooCommerceのデフォルトCSSの読み込みを停止します。

「functions.php」に以下を追加します。

add_filter( 'woocommerce_enqueue_styles', '__return_empty_array' );

WordPressやWooCommerceのテーマやCSSは、有り物をカスタマイズするよりは、1からすべて書いていった方が効率的です。

最後までお読みいただきありがとうございます!もしお役に立てる情報がありましたら、そのお気持ちを Bitcoin や PayPal で送金していただけると、とても嬉しく思います!
ビットコインで送金する
PayPal.MEで送金する

他にも、Amazonのほしい物リストからお選びいただくこともできます。
大森常治のほしい物リスト

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!