感動をつくれますか?」を要約メモ。

優れたプロとは、継続して自分の表現をしていける人のことである。
さらにいえば、プロとして一流か二流かの差も、力量を継続維持していけるか否かにかかっている。

それぞれのシーンで映画を盛り上げていくための音楽を「状況外音楽」という。店内で流れる音楽など、自然な流れの音楽は「状況内音楽」という。

悲しいシーンに切ない音楽、嬉しいシーンに明るい音楽をつけるのはなく、あえて異なる印象の音楽をつけることで状況を際立たせる手法を「対位法」と呼ぶ。
そこで行われている演技、登場人物の奥深い心情、さらにはその映画に対する監督の意図といったものをさらに引き出すこともできる。

クラシックがリズムを失って人々のものではなくなっていったのに対し、ジャズを経由したポップスは、リズムを全面に出し、そこに覚えやすいメロディーが乗ることで、非常にわかりやすく、親しみやすいものになった。

頭で作った世界、1+1=2になることが正しいと考える思考法は、経済やシステムに置き換えることができず、ひたすら拡大再生産の道を進むしかない。

ピカソは九十歳まで現役を続けた。次々とスタイルを変えることで知られたピカソだったが、それは昨日と同じ自分であろうとしなかったからである。

最後までお読みいただきありがとうございます!よろしければフォローお願いします!

もしお役に立てる情報がありましたら、そのお気持ちを Bitcoin や PayPal で送金していただけると、とても嬉しく思います!

他にも、Amazonのほしい物リストからお選びいただくこともできます。

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!

      本の逆襲【要約メモ】

      「本の逆襲」を要約メモです。 「本の逆襲」というタイトルですが、未来のコンテンツのあり方を問うものでした。おもしろいよ。 出版社も取次も書店も図書館も、本を読む習慣がすでにある人に「この本の面白さ」…

      新ゲームデザイン【要約メモ】

      実はこの本、いまでは絶版になっているようで、Amazon で「¥180,000より」となってます。手元にあるのが1996年発行の初版なのですが、もう20年近く前の本です。 ゲーミフィケーションやレベ…

      日本文化のキーワード――七つのやまと言葉【要約メモ】

      「日本文化のキーワード――七つのやまと言葉」を要約メモ。 日本語は、じつに巧妙に外来の漢文や漢字を、日本語とその表記の本筋を狂わすことなく生活に取り込んだ。今また、西欧語がカタカナで日本文字化してい…

      文章力の決め手【要約メモ】

      「文章力の決め手」を要約メモです。 文の基本形を確かめる(1) 「何が(誰が)、どうした」(主語と述語) このカードの有効期限は、来年3月末までご利用いただけます。 ↓ このカードの有効期限は、来年…

      創造性とは何か【要約メモ】

      「創造性とは何か」を要約メモ。 良いリーダーは、「君はこれをやってくれ、あとは君に任すよ」と課題を明確にして、それから先は信頼して任せてくれる人。 悪いリーダーは、うるさく口を出すし、作業のやり方ま…