仕事上、ネットに対する抵抗や不信感という話をよく耳にします。

「Twitter や Facebook なんてやる時間もないし、始めてもきっとすぐにやらなくなっちゃう」「悪質な書き込みをされるかも知れないし、ネットのコミュニケーションはとても怖い」

こういう場合は、どんなに事例や実際の画面を見てもらってもこちらの想いが伝わることは少ないです。想像と現実は全く異なることは伝わりません。

しかし、ある時おもしろいことに気が付きました。ネットに対してネガティブな意見が出るということは、それはもうネットが気になって仕方がないという状態なのですよね。ホントはやってみたいという気持ちの裏返しで、極端に言うと背中をポンって押して欲しいと思っているみたいな。

まさしく「どうでもいい存在でい続けるくらいなら、いっそのこと嫌われてしまった方がいい」という言葉のように、嫌われるというのはすでに放っておけない存在になっているということですね。(これたしかタレントさんのセオリーかなんかだったような…)

ただ、実際に Webサービスを使い始めたあとにそれが習慣化するかどうかはまた別の話です。ケータイに使っていて気持ちいいアプリが入っていれば、ちょくちょく触っていて慣れてしまうかも知れません。サービスに触れる時間の長さが重要となってきます。

Webサービスの競合

Webサービスの競合は Webサービスだけではありません。

アパレルブランドのショップを運営していたとします。お客さんが新しいケータイを買ったことで今月は服を買わなかったのだとしたら、そのブランドの競合はケータイということにもなります。ライフスタイルの変化そのものが競合となり得るのですね。

この視点はすごく重要で、ここが大きな分岐点だと思うのです。Webサービスが Webの世界に沈んでしまうか、それともネットとリアルを繋ぐサービスとなって人にすばらしい体験をもたらすかどうか。

——つづきます。

最後までお読みいただきありがとうございます!よろしければフォローお願いします!

もしお役に立てる情報がありましたら、そのお気持ちを Bitcoin や PayPal で送金していただけると、とても嬉しく思います!

他にも、Amazonのほしい物リストからお選びいただくこともできます。

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!

      【未来から見たネット_01】デジタルデータの価値

      茹でガエルの実験という例え話があります。 熱湯にカエルを入れるとびっくりしてすぐに飛び出すけど、冷たい水の中にカエルを入れて、それを徐々に温めて沸騰するまで放っておくと、カエルは茹で上がって死んでし…

      【未来から見たネット_03】ネットで伝える

      デジタルデータが価値のある体験を生み出すのだとしたら、それをスクリーンの上で伝えなくてはいけませんね。 コーポレートサイトやブランディングサイトは、その会社やブランドの顔になります。お客さんは We…

      【未来から見たネット_04】ネットで物が売れる理由

      商品が売れなかった理由を、デザイナーは MD のせいにし、MD はプレスのせいにし、プレスは営業のせいにし、営業は Webサイトのせいにし… そうやって進化していく良いところもある反面、水掛け論にな…

      Webサービスの立ち上げ基準として、明確に意識しているもの

      Webサービスの立ち上げ基準 Webサービス立ち上げの段階で相談をいただくことがあります。立ち上げの段階といっても、何かしらイメージが固まっている場合がほとんどで、そこに向かうための情報や力を求めて…

      サービスってなんやねん

      のっけから関西弁の題名ですが、僕は関西の生まれではありません。 サービスに関するメモを書きながら、サービスってなんやねんというのを考えてみます。 おまけや値引きはサービスではない おまけは、付加価値…