ウェブ解析力 ROI(投資対効果)を最大化するアクセス解析の実践的ノウハウ90」を元に、要約メモしておきたいと思います。

ROIという概念を理解する

ROI(=Return On Investment:投資対効果)をしっかり見る。サイトにおける効果は、ユーザーのサイトへのアクセスとコンバージョン。

小さなことから始めて習慣化する

プラン(Plan)、実行(Do)、評価(Check)、改善(Act)の「PDCAサイクル」を習慣化する。

分析の基本的なテクニックを知る

変化、分解、比較、流れ、グループ化、予測

人に伝える基本的なテクニックを知る

グラフ化、強調、要約

アクセス解析で使われる用語の意味を知る

ヒット数 画像ファイルやJavaScriptファイル、CSSファイルなど、それぞれのファイルをサーバにリクエストするたびにサーバをヒットする。こうしたすべてのリクエストの数をヒット数と言う。
PV(ページビュー)数 html や php などの、ユーザーに見えるページに対するリクエストの数。
ユニークユーザー サーバへのリクエストを、人ベースで捉えた場合のカウントの仕方。
トラフィック 地域別などの、アクセス量。
インプレッション 広告の効果を計る場合に使われる用語で、広告がどの程度表示されたかを表す。
クッキー サーバが、ユーザーのブラウザに記憶させておく情報。
セッション 同一人物が行う一連の動作。
ユーザーエージェント どのようなブラウザを利用しているかなどの情報。
リファラー ページにリンクしてくれている参照元。
コンバージョン 会員でない状態から会員になったり、商品を購入していない状態から購入した状態になるなど、その状態になるまでのステップ。
クリック率(クリックスルーレート) 広告に使われ、クリックされた回数をリンクが表示された合計数で割り算すると出てくる。
クローラー スパイダーとも呼ばれ、検索エンジンの情報収集プログラム。
ランディング 検索エンジンなどから訪問した場合に、着地するページのこと。
直帰率 別のページに行かずにそのまま帰った割合。

最後までお読みいただきありがとうございます!よろしければフォローお願いします!

もしお役に立てる情報がありましたら、そのお気持ちを Bitcoin や PayPal で送金していただけると、とても嬉しく思います!

他にも、Amazonのほしい物リストからお選びいただくこともできます。

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!