さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」を元に、要約メモしておきたいと思います。

在庫は少なければ少ないほどよい

  • 在庫があるとなぜ損をするのか?
    →「在庫コスト」がかかるから
  • 在庫コストの代表例
    1. 賞味期限
    2. 流行遅れ
    3. 破損のおそれ
    4. 紛失・盗難のおそれ
    5. 人件費
    6. 場所代
    7. 機会損失

このような損失を、会計用語では「棚卸減耗損」という

  • 在庫のいちばんの問題点は、「資金繰りショート」の危険性があること
    →たとえ商品が売れずにお金が入ってこなくても、先に仕入れ代金を支払わなければならないから
  • 「資金繰りショート」とその回避策

    • 支払い期日まで仕入れ代金が支払えない
      資金繰りのショート
    • 資金がショートすれば、たいていの会社が倒産する
    • 資金ショートの回避策は「支払いは遅く、回収は早く」すること
    • 支払いを遅くするためには、「手形」を使う(「手形」とは、支払い期限を引き延ばすモノ)
    • 回収を早めるためには、「掛」の期間をできるだけ短くする(「掛」とは売り上げてから代金が入るまでの状態)
    • 大半の会社は、売り上げが先で代金をもらうのはそれからだいぶあと
    • 売り上げと同時に代金をもらうことができる業種は、小売店とサービス産業だけ。これらは「現金商売」と呼ばれ、資金ショートの危険性が少ない業種
    • 早く代金を回収することは、無利息でお金を借りることと同じ効果
    • 代金の支払いを遅くすることも、無利息でお金を借りることと同じ効果

    在庫の減らし方とは?

    • 在庫減らしの代表例
      1. バーゲンセール
      2. 在庫一掃セール
      3. 福袋
      4. 店長のオススメ
      5. シェフのオススメ
      6. 新装開店セール
    • 「カンバン方式」とは、「必要なものを必要なときに必要な分だけ指示する」伝言ゲーム
    • 在庫を減らす究極の形態は「受注生産」

    家庭における在庫の考え方

    • 「いつか使うかも」系のモノはだいたい無駄になる
    • 「損をしないために在庫を減らす」という考え方は家庭でも見習うべき
    • 使わないものはさっさと捨てる、「捨て魔」に徹する
    • 期限を設けると、すんなり捨てられるようになる
    • 単価が高いものを買った方が得することもある
    • 「必要なものを必要なときに必要な分だけ」がいちばんお得

    最後までお読みいただきありがとうございます!よろしければフォローお願いします!

    もしお役に立てる情報がありましたら、そのお気持ちを Bitcoin や PayPal で送金していただけると、とても嬉しく思います!

    他にも、Amazonのほしい物リストからお選びいただくこともできます。

    こちらの関連記事もあわせてどうぞ!

        【会計学1】06_あの人はなぜいつもワリカンの支払い役になるのか?

        「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」を元に、要約メモしておきたいと思います。 「キャッシュ・フロー」とはなにか? キャッシュ・フロー=現金の流れ キャッシュ・フローがよい…

        【会計学1】01_さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

        「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」を元に、要約メモしておきたいと思います。 企業は継続することが大前提 会計用語ではそのことを「ゴーイング・コンサーン」という 継続する…

        【会計学1】04_完成したのに怒られた!

        「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」を元に、要約メモしておきたいと思います。 「機会損失」(チャンスロス)の考え方 商売の基本はチャンスゲイン(売り上げ機会の獲得) 機会…

        【会計学3】05_会計は世界の1/2しか語れない

        「「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉」を元に、要約メモしておきたいと思います。 ビジネスと会計では世界が180度違う 会計は科学=どんな環境でも同じ結果 ビジネス…

        【会計学2】04_食い逃げされてもバイトは雇うな

        「食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉」を元に、要約メモしておきたいと思います。 会計の数字はガチガチのツアー ふつうの数字と違って、会計の数字には制約がある 【制約1】単位は「お…