Webプロジェクトマネジメント標準」を元に、自分自身が理解しやすいような形でメモしておきたいと思います。

プロジェクトを正式に発足させる

立ち上げのフェーズでまずやるべきことは、そのプロジェクトが誕生した理由とプロジェクトの目標・目的をしっかり把握することです。
プロジェクトの目標・目的は、6つのプロジェクト誕生の背景を理解することで、おのずと決まってきます。

  • 市場の要求
    例)ブラウザのバージョンアップへの対処として、コーディング変更を行う。
  • 顧客の要求
    例)ECサイトでの、顧客からのケータイサイト対応のリクエストに応じて、ケータイ用サイトを立ち上げる。
  • 法的な要求
    例)JIS X8341-3 仕様でアクセシビリティに配慮したサイトを制作する。
  • ビジネスニーズ
    例)出版社がケータイノベル市場の成長を見込んで、新たなケータイサイトを立ち上げる。
  • 技術の進歩
    例)ネット回線の通信速度が高まることをふまえて、より大容量で安価なコンテンツ配信サービスを立ち上げる。
  • 社会的ニーズ
    例)DRMフリーの音楽配信サイトを立ち上げる。

プロジェクト誕生の背景を理解したら、それを目的・目標に落とし込みます。 目的は最終的に達成すべきもので、目標は具体的なツールの提案や達成期日の設定などの、数値的指標です。

ここで、まずはプロジェクト・チャーターを作成します。チャーターの内容は、プロジェクトが進行するに従って徐々に詳細化していきます(段階的詳細化)。必要な項目は以下です。

  • プロジェクトの目的や妥当性
  • プロジェクトの背景となるビジネスニーズ
  • プロジェクト概要や成果物スコープ記述
  • ステークホルダー(顧客)などの期待を満たすために達成すべき要求事項
  • 前提条件
  • 制約条件
  • マイルストーン・スケジュール

プロジェクト・チャーターには必要最低限な項目を記入し、ステークホルダー(顧客)の承認を得ます。
サンプルはこちらで公開されています↓

»プロジェクト・チャーター 兼 プロジェクトマネジメント計画書
(テンプレート by ロフトワーク CC BY)

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!