Mac OS X(10.5.4)のローカル環境で PHP を動かす方法をメモまでに。

Finder で

cmd + shift + G(フォルダへ移動)

を開いて

/etc

と入力。こうしないと、通常はアクセスできないので。

Apache2 というフォルダの中にある httpd.conf というファイルを見つけ出す。
ここまでのパスは

/private/etc/apache2/httpd.conf

この

httpd.conf

を一旦デスクトップなどにコピーして、テキストエディタで開く。

「php」で検索すると、114行目あたりに

#LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so

があるので、先頭のコメントアウト「#」を削除して保存。

元の場所の

/private/etc/apache2/httpd.conf

に上書き保存する。その際、パスワードを求められるので入力。

システム環境設定の「共有」を開いて、「Web共有」のチェックをONにする。

ローカルの

ユーザ/ユーザ名/サイト/

に、試しに

<?php phpinfo(); ?>

と入力した info.php などを用意する。

ブラウザから

http://localhost/~ユーザ名/info.php

でアクセスして、問題なく表示されれば、ビバ!PHP!

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!