家にパソコンがあったので、インターネットを買ってきました。なんとかつながって、facebook とか mixi とかに登録してみたり、某掲示板をのぞいていたりします。とっても楽しいインターネッツライフです!

みたいな人もいるけれど、

インターネット歴3年だけど、会員登録とかなんかそいうのがさっぱり分かりません。何もしてないのにパソコンが壊れてしまいました!

みたいな人もいたり、さまざまです。

一般的なインターネットユーザーに、
「CMSでコミュニティサイトを構築しました。ぜひこのサービスを使ってほしいので会員登録をしてくださいね」
とただ伝えたところで、会員登録〜サービスを利用するまでには膨大な落とし穴があったりします。

誰もがメモリとハードディスクの違いを理解していると思ったら大間違いなのです。というわけで、
20代前後くらいの、普段から当たり前のようにネットやってるわけじゃなくて時々調べ事に使う程度というユーザの動きです。

  • ロゴクリック=トップページに戻るという認識は殆ど無い。
  • トップページに戻る場合は、ブラウザの「戻る」ボタン。
  • サイドバーのバナーは、認知すらされない傾向が強い。
  • そもそもバナーとして押せるものではなく、デザイン上の飾りとして見られる場合も。
  • リストのマークとかのマーク部分をクリックしよーとする人が居る。
  • それにより、クリックできないと諦めるケースも。
  • プルダウン(ドロップダウン)型メニューは、近くのボタンを押せない状況を作り出す。
  • それにより、押すのを諦める可能性。
  • プルダウン(ドロップダウン)型メニューがあるとソコから全てのページに移動できると思われる。
  • でも、プルダウン(ドロップダウン)型メニューが「使いにくい」というストレスにはあんまり繋がっていない印象。
  • 全角・半角の違いはわからない。
  • 複数の入力エリアはマウスで移動。
  • 便利だと思ってつけているはずのリンクが意図しないページへの誘導になってしまう可能性。
  • 「ページトップ」がサイトのトップページへのリンクだと思ってクリックする可能性。
  • タイトルに張っているリンクは押されない傾向。
  • 迷うとフッターにあるリンクは意外と使われる。
  • 押せるのか確認するためにマウスカーソルを動かす可能性は低い
  • 矢印ってのは、リンクだと認識しやすいらしい。(→とかっての)
  • パンくずリストはあんまり使われない。
»ユーザーの動き。|CSS HappyLife

パソコンの調子が悪くなったときには、そういうのに詳しい人に聞くことになると思うのですが、
「何がしたくて、何をどうした結果、どうなった」というのをちゃんと伝えると、適切な答えが返ってくるかもです。

「Excel の書類をプリントアウトしたくて、プリントボタンを押したけど、いつものような印刷画面が表示されなかった」
ということが分かれば、ひょっとしてプリンタドライバが壊れているのかも知れないので、ドライバを再インストールすると直るかも?とか。

わかりやすさ、というお話でした。

最後までお読みいただきありがとうございます!よろしければフォローお願いします!

もしお役に立てる情報がありましたら、そのお気持ちを Bitcoin や PayPal で送金していただけると、とても嬉しく思います!

他にも、Amazonのほしい物リストからお選びいただくこともできます。

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!