「金持ちと結婚する女」に添えて

僕がフリーランスになってから営業なり新規打ち合わせに行った件数を少なく見積もっても平均して月2件くらい。月2回×12ヵ月×8年=192回。

営業の人なら本気出せば1ヶ月で越えるような件数かもしれないけれど、営業~打ち合わせ~制作~経理を行うフリーランスって、キャパや継続年数を考えるとこんな感じじゃないかなぁと思います。

社長さんやオーナーさん、それなりの経験を積んだ役職の人たちとお話をさせてもらう中で、すごく良い経験をさせてもらったり、良いエネルギーをもらいます。

どんなことでもさすがに200件以上の経験を積むとみえてくるものがあって、初めて会ってコミュニケーションをとった段階で「この会社は良いエネルギーが満ちあふれているなぁ」とか「きっと良いお付き合いができそう!」とか直感的にわかるものです。

もちろん「うまくいかないからお断りしよう」と思うこともあります。このあたりは相性だと思うので、こちらが感じたことは相手も同じように感じていることがほとんどです。無理して仕事をしてもうまくいくことは少ないというかない。

僕に限らずその業界で10年以上も生きてきた人は、それなりの経験をしてきていますよね。人の行動ってそんなにパターンがあるわけじゃないから、ウソをつかれれば分かるし、この先どうなるかという仕事の流れを読むこともできる。そうやって大人のウソを黙認したり政治的な事情なんかを考慮しながらビジネスの現場を生きているわけですね。

お金持ちには2種類あるよね

きっとお金持ちには2種類あって、自分で何かを成し遂げた人と、もともとお金持ちの人。人それぞれ役割というものがあるのでどちらかを否定するわけじゃないけど、これは似て非なるもの。僕の経験上、前者の方は良くも悪くも魅力的な人が多いと思います。そして「正しいものさし」を持っている共通点があります。

ものごとを極めるほどに洗練されていくというかシンプルになっていく傾向があって、だんだん余計な物を持たなくなっていくのですね。物というのは仕事道具だったり必要な場所、気持ちの面や目的のゴールまでのプロセスです。

人は必ず間違うものではあるけれど、正しいものさしを持った感覚の研ぎ澄まされた人にとっては、狂ったものさしを持った人を見抜くことの正確さに間違いはないと思うのですね。

というお話があったのでここに置いておきますよ。
金持ちと結婚する女

こちらの関連記事もあわせてどうぞ!

    うちのおかん64回目のHappy Birthday!(まだだけど)

    母はもうすぐ64歳の誕生日を迎える。先日、25年間勤め上げた会社を辞めた。 僕が富山から東京に出てきて10年以上経つ。その間に父が亡くなり、母のひとり暮らしが始まった。僕のフリーランス継続年数がその…

    小人論――暴走する片思いのメカニズム「白雪姫と七人の小人たちの法則」

    いろいろと心当たりはあるし、愛すべき切ない登場人物のお話がぐっとくるので勢いで引用してしまいました。反省はしていません。たぶん飲み会とかで話すとうけるはずです。 ――以下引用 小人論――暴走する片思…

    ネットワークが崩壊する瞬間ってお話

    ザックリと言うと、有料データや著作権を侵害しているデータなどを、ダウンロードするのは違法ではなく、アップロードする行為に違法性があります。 数年前にネット界隈を騒がせた P2P(peer-to-pe…

    フリーランス10年目に入ってどうしても書き留めておきたかったこと

    フリーランスになって10年目に入りました。数ヶ月が過ぎてしまったけれど、どうしても書き留めておきたかったこと。個人ブログとはいってもパブリックな場なので、少しは内容を整理して残したつもり。もしも誰か…

    アンビバレンスな経営者の目

    フリーランスという立場上、社長さんやオーナーさんとお話しする機会がたびたびあって、相反する2つの想いが混在する苦しみっていうのはよく聞くのです。 あび、あんばび、あんば… アンビバレンス(両面価値)…